地震などで断水した場合、トイレの処理はどのようにするべきなのでしょうか?
トイレは私たちの生活で欠かせないものですので、断水時には別に用意しておいた水を使ってトイレを流そうという意見も多いでしょう。家庭では、タンク式のトイレを使用する人が多いと思いますが、このタンク式には、断水時の使用方法に注意しておくべき点があります。ここでは、断水時のタンク式トイレの使用方法について解説します。

断水時におけるタンク式トイレの流し方

断水が起きてしまったとき、バケツなどに水を入れて便器に流すという声がある一方で、「タンクに直接水を入れて普通に流す」という声も上がっています。
しかし、直接タンクに水を入れて流す方法は、大手トイレメーカーが避けるようにと報告されています。

(※TOTO公式サイト)

トイレを流す際、通常時ではタンクに貯められた水だけでなく、給水された水含めたもので洗浄に使われています。そのため、タンク内の水を補充しただけでは、十分な洗浄ができず、つまりの原因となってしまうためです。

バケツ等で水を直接流し込むのが正解

断水時には、タンクへ水を補充するのではなく、バケツ1杯の水を直接便器へ勢いよく流し込むようにして流すことが推奨されています。
ただし、1回では流し切れないため、その後3~4リットルの水を流しましょう。
排水管の途中で汚物が停滞することを防ぐために、2~3回に1度は多めの水を流すこともポイントです。なお、バケツから水を流し込む際、水飛びに注意してください。雑菌繁殖の恐れがあるため、床に新聞紙や雑巾を敷いておき、取り替えるようにしましょう。

お風呂の残り水を流すのは危険

断水の際、お風呂の残り水をトイレに流してしまうと、髪の毛やゴミがタンクの部品に詰まる恐れがあります。地震直後に浴槽へ貯めていた水であったとしても、髪の毛が微量に残っている場合があります。そのため、お風呂の残り水をトイレに使用するのは控えましょう。

トイレに水を流してはいけない場合がある

排水管や下水道が破損している場合においては、トイレに水を流してはいけません。破損が考えられる原因としては、以下が挙げられます。

  • 道路内の下水道の破損
  • 液状化によるマンホールの浮き上がり
  • マンションや敷地内の排水管の破損・つまり

見た目で破損しているか分からない場合でも、流すときに流れ方がいつもと違う場合や自治体から「流さないように」と広報があった際には、トイレに水を流さないようにしましょう。流せないのに無理やり流してしまうと、汚水が溢れてしまいパイプ詰まりによって復旧に時間がかかることや、修理費用が高くなることも想定されます。

合わせて読んでみよう!(参考)防災で必要な簡易トイレの必要数

災害用トイレを使うのがおすすめ 

排水管や下水道が破損してしまっている場合には、災害用トイレが便利です。
いつもの洋式トイレを利用し、排せつ用袋と凝固剤を使って処理をする仕組みとなっています。排せつ後は、抗菌性凝固剤をかけて素早く固めることで、ニオイや雑菌の繁殖を抑え、固まった後はそのまま可燃ごみとして処理できるため、後始末も簡単です。マイレットの災害用トイレでは、この排せつ物袋を凝固剤がセットになっています。

マイレットmini-10を詳しく見る

自宅の便器を使うことができるから、わざわざ外でトイレを探す必要がありません。また、被災が酷い地域などでは、水道が復旧するのに時間がかかってしまうこともあります。補給される貴重な水は飲料水として確保しておくべきですので、水を使わない災害用トイレは非常に重宝します。
自然災害はいつ起こるか分かりませんし、誰も防ぐことができません。

断水による二次被害やストレスを減らすためには、災害用トイレを常に備えておくことが大切です。