TOP > おう吐物安全処理キット > G2TAMアルファプラスおう吐安全処理セット

ノロウイルス対策に!
カンタン3STEP!!ハイパワー抗菌&消臭が自慢のおう吐物安全処理キット

ノロウイルス対策に!
脱塩素!天然主成分「大豆」アミノ酸が安全にウイルスを除去する!
商品名 G2TAMアルファプラスおう吐安全処理セット
サイズ 約W165×D80×H197mm
重量 約740g
商品内容 1剤:G2TAMαプラス高分子吸収ポリマー
2剤:抗菌・消臭剤G2TAMαプラス(200ml)
3剤:抗菌・消臭剤G2TAMαプラススプレー(100ml)
G2TAMαプラス抗ウィルスウェットシート10枚
ポリ袋8枚、紙製ヘラ2枚、紙製ちり取り(2枚)、 使い捨て手袋2双、使い捨てマスク2枚、ポケットティッシュ

脱塩素(※)がノロウイルス対策に最適!外食業界の救世主!

g2tam

G2TAMおう吐物安全処理キットは、ノロウイルスや新型インフルエンザの猛威から、お客様や従業員を守り!「感染被害」や「感染拡大」を未然に防ぎます。また、平成28年11月ごろから、全国各地に鳥インフルエンザの猛威により動物園の休園や養鶏場の閉鎖、鶏卵殺処分による被害対策にも、人にやさしい!脱塩素!天然成分由来の大豆アミノ酸が、安全にウイルス対策が出来きます。
※脱塩素とは、
「おう吐物安全処理キット」は、環境にやさしい、塩素やアルコール系の臭いが少ない、主成分が天然大豆アミノ酸だから、お客様・従業員・高齢者・園児にやさしい!

都内での感染性胃腸炎の流行警報からノロウイルス対策が重要視されています。

2016年11月24日「報道資料」福祉保健局から、ノロウイルス等の感染性胃腸炎が警報基準を超え「警報」を発する。
※流行警報基準とは、患者報告数が20人/週を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合には、広域的に流行が発生・継続している事になります。(東京都、資料都内での感染性胃腸炎の流行警報より

ノロウイルス対策は、おう吐物を適切に処置をしなければ拡散します。

震災後の風景

その処理!
ちょっとッタ!

そのおう吐物は、通常の処理では、処理者に感染やウイルス拡散による集団感染を引き起こす危険性があり、迅速・適切な対応が必要です!
たとえ、汚物を完全に処理したとしても、見た目に見えない菌が現場に潜伏したり、衣類へ付着して感染や拡散する恐れがあります。

脱塩素!だから、今までご使用できなかった衣類や金属にもご利用頂けます。

震災後の風景
安心!天然由来の大豆アミノ酸が主成分だから、塩素系を一切使用せず!人や環境にやさしい!
今まで、ご使用できなかった「金属」「衣類」にもおう吐物処理キットなら安心してご使用頂けます。

脱塩素!おう吐物安全処理キットは、多業種でご利用頂いております。

ビル管理者 トイレや厨房の清掃時に活用しています。塩素系を使わないから清掃後の独特な臭いがないから、換気の時間が省け開店時間を気にせずに済む。
鉄道職員 乗客のおう吐物処理を素早く対応できるから、列車の遅延や他の乗客とのトラブルも防げる。
救急救命士 感染者の輸送や緊急措置後に感染予防洗浄剤として使用しています。塩素系とは違い精密機器への影響も少ないから安心して使用しています。
看護師・医師・助産師 患者様や外来者様からの院内感染予防に活用しています。残留毒素もなく医療機器に影響を与えないから安心です。
介護士 施設の感染対応に使っています。天然素材だから高齢者の方にも安心して使用できます。
空港検疫職員 国外から、感染の侵入口にならないよう検疫時の感染予防に使用しています。散布後の独特な臭いも少ないから入国者に違和感を与えません。
ホテルマン ホテルのロビーや客室の感染対策に使用しています。お客様の急な、おう吐物にも素早く対応でき臭いも残らないから安心です。
保育士 施設や遊戯からの感染対策に使用しています。天然素材だから、木製の遊戯にも安心して使用できます。塩素系とは違いが園児に悪影響を与えないから安心です。
ウェイター 塩素系の独特な臭いがないから使用後、他のお客様に違和感を与えません。いつも迅速におう吐処理が行えるよう常備しています。
調理師 普段の感染予防に、塩素系の独特な臭いがなく、天然素材だから鮮魚食材に影響を与えないから安心して使用しています。
キャビンアテンダント 機内への持ち込み(塩素、可燃系ではないから)使用しています。使用後も航空機器への影響もなく安心して使用しています。
鮮魚、生鮮加工者 塩素やアルコールの独特な臭いもなく天然素材だから、鮮魚を取り扱う食材に影響がないから安心して使用しています。

おう吐物安全処理キットのご使用方法

  • ①作業準備

    使い捨て手袋とマスクを装着します。

  • ②おう吐物を固める

    おう吐物に【1剤】をまんべんなく振り固めます。※おう吐物全体にく振り固めてください。

  • ③おう吐物を抗菌・消臭

    【2剤】をまんべんなく振り掛け抗菌・消臭します。※おう吐物と吸収ポリマー全体に行き渡るように振り掛けます。

  • ④おう吐物が完全に固まるまで待ちます。

    おう吐物の量によって固まる時間が異なります。おう吐物の水気がなくなったら固まっています。※約5秒から20秒程度かかります。

  • ⑤固まったおう吐物の処理

    紙製のヘラと紙製のちり取りを使いポリ袋に入れます。※この時、おう吐物が衣類に付かないように十分に注意してください。

  • ⑥ポリ袋の口をしっかり結びます。

    固まったおう吐物の舞い散り防止に、ポリ袋を2重に結ぶことをおススメします。

  • ⑦残留処理1

    残ったカスはティッシュペーパーで覆い【3剤】を十分にスプレーし放置します。約5分後に拭き取ってください。

  • ⑧残留処理2

    おう吐物のあった場所から半径1m程の範囲で【3剤】をまんべんなくスプレーで散布、さらに抗菌・消臭します。

  • ⑨処理した器具の残留処理

    処理後、使用していた手袋・マスク・紙製ヘラ・紙製ちり取りに【3剤】を十分に抗菌しポリ袋に捨てます。

  • ⑩飛散防止の措置

    汚物同様、ポリ袋の口をしっかり結びます。※固まった汚物の飛散防止に、ポリ袋の口を2重に結ぶことをお勧めします。

  • ⑪衣類に付着した菌を処理

    最後に「処理された方」の衣類や鞄等にも【3剤】をスプレーし抗菌します。

  • ⑫処理者の手指除菌

    最終処理後は、G2TAMαプラス抗ウイルス抗菌ウェットシートでしっかり手を拭いてください。

おう吐物安全処理キットのご使用方法「動画」

おう吐物安全処理キット Q&A

  • 使用方法について
    • Q.使用量の目安は?
      • A.①噴霧する対象や条件によって変わりますが、標準使用量は、1㎡あたり10~11回  (約3ml)を目安に、抗菌・防カビしたいところや臭いのモトに20~30cm離して直接噴霧して下さい。また、噴霧後、布や紙で清拭しても効果は変わりません。 ②水濡れや摩擦がある箇所に使用した場合は、『G2TAMαプラス』の抗菌・消臭  成分が水に流れたり剥がれ落ちることがありますので、使用頻度を多くして下さい。 ③ホルムアルデヒドの分解・消臭をする場合は、臭気のする箇所に1㎡当たり10~11回(約3ml前後)噴霧して下さい。 ※2.1mg/L(JAS基準F☆☆等級の普通合板最大放散量)のホルムアルデヒドに対  して、『G2TAMαプラス』250㎎を添加すれば、約30分で分解・消臭することが できます。(ディッピング法による試験データより)。 ※使用量はあくまでも目安です。状況に応じて調整が必要です。『G2TAMαプラス』  の効果は、建材などに含まれているホルマリンの量や滲みこみ具合によって大きく  変わります。素材の深部など、『G2TAMαプラス』がホルマリンと接触しない部分  には効果はありません。『G2TAMαプラス』の使用と併せてお部屋の換気を良くし ておくことお勧めします。 ※噴霧する箇所は、建具、家具、合板のむき出し部分。接着接合箇所。布部全体。  カーテンやカーペットの表面や裏面全体。その他臭気のする箇所。
    • Q.布製品に使用する場合は?
      • A.①衣類は、着用の15分~30分前、または帰宅後にハンガーに吊るした状態で前後に  まんべんなく噴霧して下さい。湿り気が気にならない場合は、着用したままでも構い  ません。 ②お布団や枕は、干す前に噴霧して下さい。 ③カーテンやカーペットはお出かけ前や、おやすみ前、または、お掃除のあとに仕上げ  として噴霧して下さい。 ④焼肉や焼き魚、天ぷらなどの臭いの出るお料理をした後にカーテンやカーペットに  噴霧して下さい。 ⑤縫いぐるみや布製の袋物などの消臭や防カビにもご利用いただけます。 ⑥車の布製のシートやマットなどの消臭や抗菌にもお使いいただけます。  運転中や締め切った社内での使用はしないで下さい。事故の危険や、喉に不快感を  及ぼすことがあります。 ⑦布製のシューズには、使用後に噴霧して下さい。使用直前に噴霧すると乾ききらず、  不快に感じることがあります。乾かしてからお履き下さい。 ⑧季節の変わり目に衣類に噴霧し収納しておくと、カビや臭いの心配が無く、次の季節  に爽やかな状態でそのまま着用していただけます。但し、噴霧後収納する場合は、  十分乾燥させてから収納して下さい。
    • Q.乾燥させるときにドライヤーやアイロン・乾燥機を使ってもいいのですか?
      • A.お使いいただけます。
    • Q.直射日光にあてて乾かしてもいいのですか?
      • A.直射日光にあてて乾燥させても問題はありません。
    • Q.締め切った部屋で使用しても大丈夫?
      • A.締め切った部屋でご使用になった場合、使用量により喉に不快感を感じることがあります。これは、『G2TAMαプラス』に含まれている陽イオン系の界面活性剤が原因です。人体に対する安全性については問題はありませんが、『G2TAMαプラス』をより快適にご使用いただくために、お部屋の換気を良くしておくことお奨めします。
    • Q.他の容器に移し替えて使用しても大丈夫?
      • A.『G2TAMαプラス』の容器は、より効果的にご使用いただくために最適な容器を採用しました。適切な噴霧量や霧の形状も効果を上げるためには必要な機能です。 また、容器のラベルに記載している使用用途や注意書き、成分などをご使用の際に確認していただけるようにしています。誤使用をさけるためにも他の容器への移し替えはご遠慮下さい。
    • Q.洗剤や塩素系のカビ取り剤などと同時に使用してもいいですか?
      • A.他の洗剤やカビ取り剤のとの併用は避けて下さい。それらの物と混ざり合うと、『G2TAMαプラス』が本来持っている効果が減少する場合があります。危険なガスが発生したり、毒性のある物質に変化することはありませんが、『G2TAMαプラス』を効果的にお使いいただくために他の溶剤との併用はおやめ下さい。
  • 安全性について
    • Q.安全性はどのようにして確認しているのですか?
      • A.日本食品分析センターなど公正な第三者機関で5種類の安全性試験を行っています。
        安全性の試験内容は次の通りです。
        ①急性経口毒性試験(LD50値) ②皮膚一次刺激性試験 ③皮膚感作性試験法 ④変異原性試験(5菌株) ⑤魚毒性試験(LC50値)
    • Q.口に入れても大丈夫ですか?
      • A.飲用ではありませんので、口に入らないように注意してご使用下さい。ですが、間違って口に入ってしまっても健康を損なうことはありません。口に入ったときの安全性を計る試験を行っています。
        急性経口毒性試験(LD50)の結果は300,000ml/kg以上です。 これは60kgの体重の人が2週間続けて毎日18ℓ飲み続けた場合、死に至る可能性があるという数値ですので、G2TAMαプラスは安全といえます。しかし、万が一口に入った場合は念のため大量の水を飲んで下さい。もし、気分が悪くなったりした時は医師にご相談下さい。その際は、商品を持参し担当のお医者様にご提示下さい。
        ※参考データ
        急性経口毒性試験(LD50)の基準値は2,000mg(2ml換算)/kg以上が安全とされています。
        コーヒーカフェイン:1,950mg(1.95ml換算)/kg、食塩4,500mg(4.5ml換算)/kg
    • Q.身体に付着した場合の安全性は?
      • A.身体に付着しても問題ありません。G2TAMαプラスの成分は、大豆アミノ酸と化粧品に使用されている界面活性剤などを使用しているので安全です。
    • Q.皮膚に付着した場合、アレルギー反応は起こしませんか?
      • A.皮膚についた時のアレルギー反応を調べる試験を実施しています。
        皮膚感作性の試験法である、Maximization法に基づきモルモットで試験をした結果、アレルギー反応は全く起こしませんでした。
    • Q.身体に有害な物質は含まれていませんか?
      • A.有害な物質は含まれていません。
        有害な物質が含まれていないことを実証する試験を実施しています。
        食品衛生法の規格基準第5条の洗浄剤試験に合格しています。 成分に重金属やヒ素などの有害物質が含まれていないかを調べる試験です。 有害物質は全く検出されませんでした。
    • Q.肌の敏感な人がG2TAMαプラスを噴霧した衣類を着ても大丈夫ですか?
      • A.個々の安全性試験の結果に問題はありません。ただし、気になる場合は医師にご相談下さい。
  • 消臭について
    • Q.どのような臭いが消せますか?
      • A.タバコ・体臭・汗・生ゴミ・し尿・ペットなどの臭いや、焼肉や焼魚の調理の臭いなど家庭内で発生する様々な悪臭を消臭します。また、シックハウス症候群の原因物質といわれているホルムアルデヒドの分解・消臭にも効果を発揮します。 『G2TAMαプラス』で消える悪臭成分は、アンモニア・トリメチルアミン・酢酸・イソ吉草酸ノルマル酪酸・ノルマル吉草酸・ホルムアルデヒドなどです。 ※島根県産業技術センターでのガスバッグ消臭試験でもその消臭力が証明されました。
    • Q.なぜ悪臭が消えるのですか?
      • A.『G2TAMαプラス』に含まれている大豆アミノ酸が、悪臭成分を分子レベルで イオン吸着・分解し臭いのしない成分に変えます。
    • Q.消臭効果はどのくらい持続するのですか?
      • A.悪臭成分が取り除かれたあとは、臭いが発生することはありません。また、消臭成分が残っている間は、後から悪臭成分が付着しても消臭効果が現れます。 臭気物質発生の原因となる細菌の繁殖を防ぎますので、長時間の消臭効果が期待できます。 ただ、消臭効果は悪臭の成分の種類や量、滲み込みかたなどの条件によって変化しますので、固定的に何日間持続しますとは断言できません。
  • 抗菌・防カビについて
    • Q.抗菌効果はどれくらいあるのですか?
      • A.『G2TAMαプラス』に配合されている抗菌剤は、公正な専門試験機関の㈶日本食品分析センターや大学研究機関等であらゆる微生物に対する殺菌・抗菌試験を実施し、高い 抗菌効果を確認しています。また、抗菌製品認定機関である『抗菌製品技術協議会』の抗菌規格にも適合し、SIAAマークも取得している抗菌剤を使用しています。
    • Q.どのような菌に効果があるのですか?
      • A.食中毒の原因となる病原菌やカビなどに対する殺菌力が実証されています。 ㈶日本食品分析センター等で試験を実施し、殺菌効果を確認している菌は次の通りです。 ①大腸菌②病原性大腸菌O-157③サルモネラ菌④黄色ブドウ球菌⑤レジオネラ菌 ⑥メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)⑦緑膿菌⑧白癬菌⑨肺炎桿菌⑩カンジダ菌⑪アシネトバクター⑫豚コレラ菌⑬ミクロコッカスルテウス⑭リステア菌⑮真菌類(カビ)等です。 また、≪G2TAMαプラス≫は、100℃の熱湯に15分漬けても死なず、消毒薬が効かない芽胞(セレウス菌、枯草菌)にも効果を発揮します。
  • 使用環境について
    • 不要になった容器の処理は?
      • ≪G2TAMαプラス≫の容器の素材は次の通りです。 ・スプレータイプ(300ml、250ml、30ml)・・・・ボトル:PET、スプレーノズル: PP、ラベル:紙 ・詰替え用(1000ml、4ℓ)・・・・容器:PE、キャップ:PP、ラベル:紙 ・18ℓソフトタンク・・・・容器:PE、キャップ:PP、外箱:ダンボール紙 ・ウエットシート・・・・パッケージ:PE、PP、PET ラベル:PP 容器をお捨てになるときは、お住まいになっている自治体のゴミの収集区分に従って排出して下さい。また、リサイクルに出される場合も地域の区分に従って下さい。 『G2TAMαプラス』の容器素材には、ダイオキシンなど燃やすと有害物質が発生する 物質は使用していません。 尚、ラベルは紙製ですので、容器をリサイクルに出される場合は、ラベルを剥がしてから 供出して下さい。
    • 水に流してしまったが環境に対する影響は?
      • 誤って自然水域に流出しても水質汚染の原因になることはありません。 『G2TAMαプラス』は、環境影響に対する試験も行っています。 ①魚毒性試験・・・・LC50(24時間)2,500ppm(JIS K-0102に準拠)  この試験は、『G2TAMαプラス』の原液を自然流域に放出した場合、生息する  魚に対しての毒性を調べる試験です。水に対して何ppm(100万分の1)放出すれば  50%の魚が死に至るかを調べ、その毒性をはかるものです。農薬はその毒性に応じ  てA、B、Cの3分類で評価しています。最も安全で毒性が認められないA分類での  基準値は、鯉に対して>10ppmとなっています。つまり10ppmより多ければ安全で  あるとの評価をされます。『G2TAMαプラス』の成分原液レベルで45ppmですの で、魚に対する危険性は殆どないといえます。 ②化学的酸素要求量試験・・・・COD(Mn)96ppm(JIS K-0102に準拠、0.1%水溶液)  この試験は、『G2TAMαプラス』の原液を海域や湖沼における水質汚濁の指標  となっています。含まれる有機物を酸化し無害な二酸化炭素と水に換えるには、どれ  だけの酸素量が必要かを判断するものです。数値が小さいほど汚染度は小さくなり  ます。 ③内分泌撹乱物質・・・・『G2TAMαプラス』には全く含まれていません。  内分泌撹乱物質とは、生物の生殖系に異常を及ぼす可能性のある化学物質の総称  です。一般的には環境ホルモンと呼ばれているもので、ダイオキシン類やPCB、農薬  殺虫剤などに含まれている物質です。樹金属の鉛、水銀、カドミウムのその分類に  入ると言われています。 ※以上のように自然水域に放出しても環境に対する負荷はありませんが、内容物を  自然水域へ廃棄すると各種環境関連法規に触れますので、生活廃水と同じように  下水への排出を心がけて下さい。
カンタン3STEP!!ハイパワー抗菌&消臭が自慢のおう吐物安全処理キット
商品名 G2TAMアルファプラスおう吐安全処理セット
サイズ 約W165×D80×H197mm
重量 約740g
商品内容 1剤:G2TAMαプラス高分子吸収ポリマー
2剤:抗菌・消臭剤G2TAMαプラス(200ml)
3剤:抗菌・消臭剤G2TAMαプラススプレー(100ml)
G2TAMαプラス抗ウィルスウェットシート10枚
ポリ袋8枚、紙製ヘラ2枚、紙製ちり取り(2枚)、 使い捨て手袋2双、使い捨てマスク2枚、ポケットティッシュ

※詳細につきましてはこちらよりお問合わせ下さい。
※イメージ写真ですので多少色合いが異なる場合がございます。ご了承ください。

関連商品
配送について

在庫がある商品は午前中までのご注文で即日発送致します。

商品の出荷元は大阪府です。

※配送会社はヤマト運輸です。

※銀行振込、郵便振替、コンビニ支払いの場合は入金確認後に発送致します。

※メール便での発送商品は、日時の指定が出来ません。

送料について
10,000円(税込)以上お買い上げの場合無料。
その他の場合は全国900円。(税込)
但し、北海道・沖縄は2,000円(税込)、東北地方は1,100円(税込)、四国・九州地方は1,000円、一部離島は実費となります。
代引をご指定の場合は、送料に代引手数料350円を加算させていただきます。
お支払い方法について

・クレジットカード

クレジットカード

・銀行振込 三菱東京UFJ銀行 岸和田支店
 普通 1033782 まいにち株式会社

・郵便振替 ゆうちょ銀行  記号 14100
 番号 63544141 まいにち株式会社

返品・交換について

●お客様のご都合による返品・交換、ご注文確定後のキャンセル・変更はご容赦ください。

●商品の不足・欠損がある場合は、返品・交換させていただきます。但し、返品期間は商品到着後7日以内とさせて頂きます。

お問い合わせ

●当店へのお問合わせは、お問合わせフォーム・メール・お電話でお気軽にご連絡ください。

●インターネットでのご注文は、365日24時間いつでも承っております。

●ご注文・お問い合わせには、2営業日以内にメールでご対応させて頂いております。

●2営業日以上経っても当店からの返信がない場合は、メールが届いていない可能性がございます。その場合は、再度ご連絡いただければ幸いです。