TOP > 簡易トイレはなぜ必要なのか?

食事はガマンできてもトイレはガマンできません。
防災意識を見直し、いざというときのために用意しておきましょう。


トイレ処理問題をもっと深刻に考えましょう!トイレを我慢する事は「命に関わります」!


トイレ対策は「ただ、排泄物を固める」だけでは解決しません!

『マイレットの凝固剤の性能は?』

マイレットの簡易トイレで使用している抗菌性凝固剤は、皮膚刺激性試験、経口毒性試験、抗菌性試験、長期安定性試験といった各種試験を行い、安全性を確認しています。
マイレット凝固剤の抗菌効果について
マイレットのトイレ処理剤として使用している抗菌性凝固剤は、皮膚刺激性試験、経口毒性試験、抗菌性試験、長期安定性試験といった各種試験を行い、安全性を確認しています。災害時に緊急避難場所に指定されている学校や公民館などには緊急時に多くの人が集まってきますが、震災時には水が使えない場合が多く、水洗トイレは使えなくなってしまう可能性があります。 その際に災害用簡易トイレや携帯簡易トイレが活躍するのですが、大きな問題となるのが感染症の発症です。食中毒などの感染症の原因菌となる大腸菌、アンモニア産生菌、カンジタ菌、サルモネラ菌およびブドウ状球菌といった雑菌類は排泄物の中で繁殖します。ただ固めるだけの災害用トイレ処理セットでは二次災害を起こしてしまう可能性が高く、きちんと雑菌を抗菌することが出来るトイレ処理セットをお買い求め頂くことをオススメいたします。
汚物をすばやく凝固!臭いもシャットアウト!
マイレットの抗菌性凝固剤は、汚物や排泄物に振りかけるだけで液体に反応しすばやく固めます。凝固時にアンモニア等の臭気を閉じ込めてしまいますので、嫌な臭いが広がりません。
[測定方法]
1. 20Lの広口ポリタンクにガス注入口を設け、約50ppmのガス濃度になるように注射器でアンモニアガスを注入してポリタンク内にガスを拡散させる。
2. ガス検知器(北川式)にセットしたガス検知管(NH3、0.2~20ppm)でポリタンクのガス採取孔より50ml吸引してガス濃度を測り、約50ppmであることをチェックする。
3. 次に、90mmφシャーレにマイレット10gを入れ均一に拡げる。
4. このマイレットの入ったシャーレをポリタンクの広口からポリタンクの中央部に素速く静かに入れ密閉にして、すぐにガス検知管でガス濃度を測る。
5. その後所定の時間放置後に同じくガス検知管でガス濃度を測って、濃度の減少状態を調べる。
6. 同時に、マイレットを入れないシャーレで同じように測定してブランクの値とする。

東日本大震災の被災地、避難所のトイレの衛生状況が深刻化。

仮設トイレ、使用済み汚物の回収遅れにより、悪臭や雑菌による感染症が流行。
物資の供給不足による、手洗いや仮設トイレの衛生状況の悪化など、「避難所トイレ衛生状況の改善」が重要とされています。

マイレットのご使用方法
トイレに排便袋を装着し、用を足した後に凝固剤を振りかけていただければ、後は可燃ごみとして簡単に処理できます。
  • 使用方法1

    手順1

    用を足した後に抗菌性凝固剤をふりかけます。

  • 使用方法2

    手順2

    排便袋を便座からはずし、しっかりと結びます。

  • 使用方法3

    手順3

    あとは、持ち運び袋に入れ、袋ごと可燃ごみとして処理。

トイレ処理セットの備蓄目安(目安:お一人様1日5回分)

防災備蓄に必要な目安は、1日の使用量によって異なりますが、
災害用10回分ならおひとり様に1箱(約2~3日分)、
お徳用100回分なら5人家族のご家庭に1箱(約4~5日分)です。

防災備蓄の目安

マイレットは多くの公共機関や自治会でも採用されています。
トイレに置いても場所をとりません。
マイレットの抗菌性凝固剤は各種実験データにより抗菌消臭効果に優れていることが認められ、これまでに多くの公共機関、自治体、企業に採用されています。
●納入実績はコチラ

トイレに置いても場所をとりません。
人気雑誌や信頼度のあるマスコミでも多数紹介されており、多くの方々に好評です。
●メディア掲載ニュースはコチラ

簡易トイレ処理セット「マイレット」ラインナップ
便器が故障した場合はポータブルタイプトイレや目隠しが必要です。