ご存知でしたか?災害時は男性よりも女性が困ることが多いのです。

近年、震災や洪水が多く発生するようになり、ニュースで避難所の映像を観ることも増えました。そのため避難所がどのような空間かおおまかに想像できます。

しかし、被災された方の実際に困ったことを調べると想像できなかったことがいくつもありました。特に女性が困ることが多くありました。

着替え、授乳、トイレ… いつも当たり前にできることが簡単にできなくなります。

避難所で困ったことを調べると、特に多かったのが着替え、授乳、そしてトイレです。 更衣室や授乳室などの個室がある避難所は少なく、たくさんの女性が悩まされました。

“着替えるときは避難所から歩いて15分ほどの家に戻る”
引用:西日本新聞 2016年4月23日

“授乳や着替えをする場所がなく、布団の中で周りの目を気にしながら着替えた”
引用:川崎市男女共同参画センター「ひとり暮らしの女性のための防災BOOK」

“トイレを我慢したせいで、膀胱炎になりました”
引用:とちぎ男女共同参画センター「防災ハンドブック」

災害はいつ起こるか予測できません。もしかしたら明日被災する可能性もあります。少しでも不安を減らすために備えが必要です。

「避難所にいけば大丈夫」とお考えの方もいらっしゃると思います。しかし避難所では必要な物があらかじめ用意されている保証はありません。だから個人で必要な物は備えておきましょう。

マイレットショップで防災グッズをそろえませんか?まずはこれだけあれば安心です。

mini-10 (10回分のトイレ処理セット)

お一人様の2、3日分のトイレ処理セットです。
すぐに避難所に行けないとき、トイレが断水で使えないときのために一家1つ備えておくと安心。
避難所の仮設トイレができるまで時間がかかる場合に備え、持ち出し用の防災グッズにするのもおすすめです。

マイポンチョ(簡易ポンチョ)

マイレットのポンチョは万能です。 さっと羽織れば、マイポンチョの中で着替えや授乳ができます。厚みがあるので寒さ対策に使えます。他にも荷物の目隠し、雨除けにも便利です。 プライバシーが確保されない避難所生活の必需品です。

mini2-α (2回分の携帯トイレセット)

携帯トイレ2回分、ミニ便器、目隠し用ポンチョがセットになっています。 毎日使う通勤鞄・通学鞄に入れてもしものときに備えましょう。

オールインワン非常用トイレ処理セット トイレボックス

トイレボックスは5回分のトイレ処理セット、ライト、ウェットシートなどがセットされています。ボックス本体も簡易便器として使用可能!A4サイズなのでオフィスや自宅の空きスペースで備蓄ができます。