車で旅行やキャンプに行くとき、車中泊をするという人もいるでしょう。
キャンピングカーであればトイレが付いているので問題ないと思いますが、車内スペースが限られているミニバンやワンボックスカーではトイレを備え着けることができません。通常であれば、公衆トイレや道の駅などでトイレを済ませますが、トイレがない場所や、思わぬ渋滞に遇ってしまったときは困ったものです。
そんな時疑問に思うのは「簡易トイレを持っていく方が良いのか?」という点です。ここでは、車中泊する際のトイレ問題についてお話しします。

意外と困る、車中泊でのトイレ

トイレが備え付けられていない車での車中泊では、意外とトイレに困るという声が多いようです。寝る前にトイレを済ましていても夜中にトイレに行きたくなったり、寒さで冷えてしまいお腹を壊したりなど。サービスエリアや道の駅であればトイレ設備がありますが、寒い時期などは外に出てトイレに行くことが億劫になるという声もあります。しかし、場合によってはトイレ設備自体が無く、山奥や道路で仮眠を取るということもあるでしょう。そんな状況下において、もしトイレに行きたくなった場合は本当に困ります。こういった不測の事態に備えるためには、やはり簡易トイレを持っていくのが安心です。特に女性は外でトイレを済ますこともできず、もしトイレがあったとしても汚れや衛生的に悪いトイレは使いたくない、という人もいます

「サービスエリアがあるから大丈夫」

「何かしらトイレがあるだろう」

などと安易に考えていると、万が一の時に大変です。車中泊には簡易トイレを常備しておく方が賢明と言えるでしょう。

トイレがない車には「簡易トイレ」がおすすめ

キャンピングカーなどのように、車内にトイレがないという場合は、車内でも利用できる「簡易トイレ」がおすすめです。簡易トイレは、水なしで利用することができ、排せつ後は凝固剤を入れて固めることで、臭いや雑菌の繁殖を抑えて処理することができます。

マイレットの車載用簡易トイレ「おでかけトイレPOTON Ⅳ」

マイレットの「おでかけトイレPOTON Ⅳ」は、車のシートの上でトイレができるように、組み立て式の便器が付属された簡易トイレです。
3ステップで便器を組み立てることができ、その中に排せつ物用袋を被せ、排せつ後は抗菌性凝固剤をかけて素早く固めます。
小便だけでなく大便にも対応しているので、車中泊のみならず、渋滞時にトイレに行きたくなった時や、災害時にトイレが使用できなくなったときにも役立つグッズです。車内でも人目を気にせずトイレに行けるようにと、目隠し用のポンチョも付属されています。コンパクトなサイズ感ですので場所を取らず収納でき、車内で邪魔になることもありません。
なお、ビニール袋や新聞紙だけでトイレをすると、時に汚物が車内に出てしまいシートを汚してしまうこともありますので、専用に設計された簡易トイレが安心と言えるでしょう。

POTON4の詳しい情報ははこちらから

簡易トイレは旅の安心材料になる

車中泊をする際、必ず簡易トイレを使用するという訳ではありません。通常であれば、サービスエリアや道の駅でトイレを済ますことが理想です。
しかし、時には近くにトイレがなく、すぐにトイレに行けない緊急事態に陥ることも考えられます。簡易トイレは、こういった緊急用のトイレとして備えておくのが賢明です。万が一、トイレを我慢できず嫌な思いをしてしまえば、せっかくの旅も台無しです。簡易トイレを準備しておくことで、最悪の事態を防ぐことができるだけでなく、旅する上で大きな安心材料になるのではないでしょうか?